陽一郎さんからの定期便、毎晩の電話。 それって、かつて私たちが、ちゃんと付き合ってた頃の習慣だ。 携帯もなかった頃。 自宅に帰って・・・ 一日の終わり、最後に話をするのが陽一郎さんだった。 今になって、あの頃の定期便が復活した。 それって不思議な感覚。 ひとつ違うのは・・・ 今は、私からは、まずかけることはない。 私は、あの人が好きだから。 陽一郎さんにも、はっきりそう言っている。 だから、気にして電話してくるんだろう。 ただ、それだけ。 俺がいつも一番じゃなきゃ気がすまないって。 かなり分かりやすいのが陽一郎さんで。 そんな陽一郎さんに、いちいち応答しているのが私。 考えようによっては、私は陽一郎さんを手に入れたっていえるのかもしれない。 ずっと欲しかったもの。 陽一郎さんの心を、手に入れたら? 私を取り巻くすべてが、うまく回りだしたような気がする。 仕事はかなり大変だけど、その分、一心に打ちこめるから楽しい。 プライベートも、まずまず。 こんな毎日が、いつまでも続くとは思えないけど。 辛い時期もあったから、今を楽しみたいと思う。