徒然草

なにげない日常のこと。不倫からの結婚、そして離婚。もうすぐ20周年。

2008年05月

ビーチに面した大きな窓から、ぼんやり夕日を眺めていた。 元夫と最初に旅した場所。 そういえば、どこか風景が懐かしい。 でも、さすがにもう感傷ってこともないかな。 昔を懐かく思い出すだけ。 あの旅行は、楽しかったな。 何もかもが、ときめいて。 陽一郎さんとは、したくてもできなかったこと。 条件は同じ妻帯者なのに、あの人は、ごく当たり前のように私を連れ出してくれた。 海はまだ冷たくて泳げなかったけど、あんなに楽しい旅は久し振りだった。 相手は陽一郎さんじゃなくてもいいのか・・・。 そう思うだけで、心が軽くなって、解き放たれたような気がした。 単純にうれしかった。 今、あの時と同じ場所にいる。 長い時間をかけて、さんざん道に迷いながら、ここへ戻ってきた。 どんなに振り払おうとしても無理で、結局、私が辿り着いたのはここ。 心は、そう、、、穏やかだ。 波風は立っていない。 陽一郎さんに会いたい。 もう迷うことない。 他の誰かを探したりしない。 ていうか、できないよ。 仕事を片付けたら、彼に会いに行こう。 彼に、待ち合わせの時間と場所を伝えたら、「了解」って返事が返ってきた。 もう会わないんじゃなかったの? なんていうツッコミは無し。 忘れているのか、覚えていても無視しているのか・・・。 ま、そんなのどっちでもいいや。 もうすぐ彼に会える。 今は、それがすべて。 彼が、私の原動力だ。

朝早起きは、もう習慣になりつつある。 休日も、8時には目が覚める。 今日は、連休最終日。 特に予定もないので、献血にでかけた。 献血ルームまで、天気もよさそうだから、てくてく歩くことにした。 帰りにデパートに寄って、ウィンドーショッピングして。 そんな計画を立てて外出。 献血ルームも午前中の早い時間だとそんなに込んでない。 すぐに名前を呼ばれ、血液検査へ。 看護師さんの「あらー、今日は濃さも血小板もばっちりね」の一言に、ほっと一安心。 今年になってから、比重が軽くてNGをくらうことがわりとあったのだ。 お休み中は、なるべく自炊して食生活に気を配ったのがよかったかな。 採血は順調に終わった。 ベッドから起き上がるとき、いつもクラッとするけど、それには慣れている。 20分くらいお茶を飲んで、デパートを目指して、いざ雑踏の中へ・・・。 デパートまでは歩いてすぐの距離。 最初の1ブロックは全然平気だった。 ところが大きな交差点で信号待ちをしていると、急に目の前が暗くなった。 視界がぼやけて、焦点が定まらない。 血糖値が下がったのかと思って、ジュースでも買おうと、近くのコンビニに入った。 とりあえず、ゼリー飲料を買って、外に出たけれど。 一歩も動けない。 体を動かすエネルギーが枯渇してしまったみたい。 前にも一度、こんな状態になったことがある。 そのときは、地下鉄の階段を上って、駅から1分のオフィスにたどり着くのに、5分くらいかかった。 結局、オフィスで休んでも回復せず、病院に行ったら即入院なんてことに! い、いかん。 その場にしゃがみこんで、目を閉じた。 しばらく休もう。 目を開けてみても、相変わらず、視界が暗い。 今日は、このまま帰ろう。 さっきまで、デパートを回る気満々だったのに。 自宅までの500mが、やけに遠く感じた。 休み休み歩いて、ようやく自宅にたどりつき・・ そして、そのままベッドになだれ込む。 1時間くらいそうしていると、何事もなくふつうに起き上がれるようになった。 さっきコンビニで買ったゼリーを飲む。 はぁーーーー。 さっきの、めまいはなんだったんだろう。 低血糖? うーん。献血ルームでミルクティーを飲んだしなぁ。 体調も悪くなかったし。 原因がわからないけど、まぁ大事に至らなくてよかった。 あのままコンビニ前で倒れてたら、きっと大騒ぎだ。 明日は仕事かぁ。 でも、明後日からまたオフの予定。 リフレッシュ休暇ということで、南の島に行くことにした。 といっても、国内だけど。 出張以外の一人旅は久し振りだ。 何もせず、のんびりしよう。 あ、ダイビングはしたいかな。

同じ部署の同僚さんで、たまに飲みに行ったりする男性がいる。 かなり前から気付いていたけど、どうやら私に気があるみたい。 私もその気ありなら、とてもうれしいんだけど・・・ 私としては、彼とはあくまでも仕事上のお付き合いと思っているから、仕事帰りや出張先でなら、ふたりで飲みに行ったりもするけれど、休日まで誘うのってどうよ・・・と思ってしまう。 適当な理由を付けて断り続けていたのだけれど、とうとうコクられてしまった。 超身近だから、真剣な顔で「つきあおう」なんて言われると、非常にやりにくい。 こっちまで真面目に「ごめんなさい」なんて言うと、さらに仕事がやりにくくなりそうで、「またまた~冗談きついですよ。私と付き合ったりなんかしたら、いやマジでヒドイ目にあいますよ~。」なんて言って、笑って逃げた。 しかし、いきなりストレートに来た!ってかんじ。 真面目がスーツ着てるような人だもんなぁ。 あぁぁ、同じ職場なんだから、ちっとは後先考えてほしい・・・ 今度、またその人と一緒に出張予定があるもんだから、微妙に気が重い。 脈なしってことで、向こうもいつもどおり接してくれるといいんだけどな。 某離婚の先輩曰く、バツイチはもてるって・・・ほんとかしらん?!

↑このページのトップヘ