徒然草

なにげない日常のこと。不倫からの結婚、そして離婚。もうすぐ20周年。

2007年12月

今までふたりで乗り越えてきた、沢山のことを想うと、今、私たちの前にある問題も、また同じように解決できるんじゃないかと思ったりして・・・なかなか踏み切れないんだってこと。 素直になれない私は、メールで伝えた。  じっくり考えて、結論を出そう。   それが、夫からの返事。

昨日の夜は、すごく凹んでた。 昼間、夫と話したのがよくなかったんだと思う。 飛行機のなかでも、羽田から自宅に帰る途中の電車の中でも、涙が止まらず。 私は、ごく稀にだけど、パブリックスペースでも、こんなふうになってしまう。 男は人前で泣いたりしないのが、一般的・・・かと思いきや、陽一郎さん、そういうところは、私と似ている。 感情を抑えられなくて、どうしようもなくなってしまったとき、私が救いを求めるのは、陽一郎さんだった。 逆もまたしかり。 普段はかなり勇気を出さないと電話なんかできないのに、そういうときは、もうなんのためらいもなく、ほとんど無意識のうちに電話できてしまう。 そして、なぜか、そんなときに限って、Callするとすぐに出てくれる。 涙声で「もしもし」っていう私に、 「おう。おつかれ。どした?」 って、明るく聞き返してくれる。 1分だけ陽一郎さんの声を聞けば、私は救われる。 昨日も、それを期待してた。 でも、Call7回目でも、出てくれない。 留守電に切り替わる前に、電話を切った。 いつもならその日のうちに折り返しかけてくれるのに、昨夜はけっきょく電話をくれなかった。 もう、私のことは心配じゃないのかな。 自分のことで手一杯で、それどころじゃないのかな。 もしかして、私が電話したら、迷惑なのかな。 そろそろ私のこと、重荷なのかな。 ネガティブな思考が拡がって、収拾がつかないほどに混乱してしまった。 情けない。 疲れていたからか、ハーブティーが効いたのか、そのまま眠りに落ちたみたい。 気がついたら午前4時。 ケータイにも着信ナシ。 もう涙は出ない。 ため息だけだ。 そして、ため息とともに、何かが変わろうとしている。 一番必要なときに陽一郎さんは助けてくれない・・・ 助けてくれる人なんていない。 自分でなんとかしないといけない。 そう思うと、少し復活した。。 まだまだ弱っちいけれど、昨日よりは全然まし。 私を無視して・・・ このまま、突き放してほしい。 陽一郎さんにそんなこと期待しても無駄か・・・。

今日で仕事も終わり。 出張先の空港ラウンジで飛行機待ち中。 上司に出張報告と年末の挨拶をしようと思って、電話をかけた。 今日の成果を報告したら、  やったじゃん!  一年お疲れさま。  良いお年を って言ってくれた。 今回の仕事は、先方の来年度予算を取れるかどうか微妙なラインだったから、なおさら緊張したのだけど。。。 うまくデモが動いて、ひとまず好感触を得た。 もし来年は予算が取れないとしても、先行投資で進めたいんだという話をしたところ、先方も乗ってきたし、上司からもそれで行こうとOKが出て、ほっとした。 ひとりぼっちじゃない。 仕事は、チームで回すから、 私ひとりで動いてもひとりじゃないって気がする。 こんなことを思うのは、笑われるかもしれないけれど・・・ 私は、みんなで作り上げる仕事が好きで、実はかなりの寂しがりやなのかもしれないなと思う。 今日は、久しぶりに夫と電話で話した。 12月は一度しか会っていないので、ほんとうにお久しぶりというかんじ。 私たちは、少しずつ関係を壊し続けてきた。 私は、久しぶりに夫と会っても、少しも楽しくなくていつも不機嫌だった。 それは、根底にある夫への不信からくるのだと思う。 夫も、不機嫌な私を見て、いらいらする。 ふたりでいると、窮屈で息苦しくなって、会わないほうがいいんじゃないかという結論に落ち着く。 そうして、距離を置いて、今では、めったに会わないし電話もしない。 私が、どこへ出張に行っているのかいつ帰るのかも、夫は知らない。 私と陽一郎さんのことも、どこまで正確に知っているかは分からないけれど、夫は気付いている。 私も、今さら隠そうとは思わない。 今日の電話で、私、好きな人がいるんだって言ったら、  だろうな。。。  でも、いいよ。  いつからとか、どんなやつだとか、  そういう話は俺は知らなくてもいいから。 そう言ってた。  私たち、壊し続けているよね。  どっちが悪いってわけでもない、  お互いが悪いんだよね。 もっと壊してからじゃないと、私たちは別れられないんだろうか。 未練なんかないのに、このまま別れるのは、不完全燃焼のような気がするのはどうしてなんだろう。

今日は陽一郎さんにメールをしてしまった。 すごく面白い話を聞いたとき、美しい風景に心を動かされたとき、美味しいお店を見つけたとき、仕事が上手くいったとき・・・ 日常の些細な出来事、私が感じたことを、分かちあいたい相手は、陽一郎さんだったから。 今日もまた、ほとんど無意識のうちにメールしていた。 メールを送ったあと、あーやっちゃった。。。と思った。 深夜の電話にはでなかったけど・・・

クリスマスイブ。 今日は自分のためにチキンを買って、料理を作った。 パンプキンスープとタコのマリネ。 ケーキは無しだけど。 それなりにクリスマスっぽいディナーになった。 21時を過ぎで,C-mailが届いた。 久しぶりに夫からだ。  メリークリスマス。  クローゼットの奥、ゼロハリのカバンの裏を見てごらん。  サンタからのプレゼントがあるよ。 プレゼントには手紙が入っていた。  今年もありがとう。  いつも、あっぱれに妻を演じてくれたね。感謝するよ。  でも、演じられなくなったら、いつでも自分の思いのままに行動しても良いんだよ。  ガマンしないでも、もう良いんだよ。  出会った頃の奈緒に戻れたらいいけど、色々なことが在った今ではそうもいかないね。   でも、いつまでも当時のキラキラ輝いていた奈緒でいられますように。  願いを込めて。  Happy Merry Christmas ほんとに思いがけないプレゼント。 夫と出会った頃の私、出会うまでの私、いろいろと思いだしたら、少し泣けた。

↑このページのトップヘ