徒然草

なにげない日常のこと。不倫からの結婚、そして離婚。もうすぐ20周年。

2007年07月

まだ彼には会っていない。 会う約束をして日程を決めたときには、まだまだ先のこと、 そう思ったから、平気だった。余裕すらあった。 でも、時間がたつのは早い。 約束の日が近づくにつれ、少しずつナーバスになって、 やたら感傷的な自分に気付く。 電話はあまり好きじゃない。 相手の表情から本音を読み取れないし、読み取ってもらえない。 二人で冗談を言って笑うことは簡単だけど。 本当の気持ちは伝わらない。 今も大好きで、私にとっては特別だってこと。 ちゃんと伝えたつもりなのに、彼は笑うだけ。 まじめに聞いてほしいけれど、 私とは遊びのスタンスを崩さない。 そんな気がする。 前は、会ってから泣いたけど。 今は、会う前から泣いている。 どうしてそれでも、彼に会わなきゃと思うんだろう。 またひどい痛手を負う、確かな手ごたえすらあるのに。 それを求めているのか、現実逃避なのか・・・。 暇になると、考えてもしょうがないようなことを、 繰り返し考えてあれこれ想像してはため息をついてしまう。 だから、平日の夜も週末も、極力予定を入れるようにした。 本音トークのできる友達には、彼とのことを話してみた。  お互い結婚しているから、別にいいんじゃないの?  遠距離恋愛だと思って、せつなさも含めて楽しめば。  そうなんだよね。  私も、今、それを楽しめるかどうか考えているところ。  一番好きな人と会えるんだから、  それは理屈抜きHappyなことだよね。 相手がどう思っているかなんて、いっそ忘れて、 自分の気持ちだけを大事にすれば、なんの問題もない・・か。 なかなか割り切れない。

私のこと、どう思ってるの? それ、怖いけれど聞いてみたい。 他の人が私のことをどう思っていようと一向に気にならないのに。 彼にどう思われているのかは、気になるな。 風邪をひいたといえば、心配してくれる。 仕事のことで愚痴ったら、優しい言葉をくれる。 なんだかんだいっても、私のことを、 いつも気にかけてくれるから、まだ私は、 彼にとって特別な存在なんじゃないかと錯覚してしまう。 でも、現実は・・・ 「永遠に俺様に夢中の元カノ、かつ既婚者どうしで責任も無し」 くらいに思っていそう・・・。 彼とは、私が結婚してからは疎遠になっていた。 それでも年に一度、私の誕生日にはメールをくれてた。 今思えば、その頃には近くに付き合っている彼女がいたわけで・・・。 それを知ってたら、彼とは会わなかった(と思う)。 もし会っても、一緒に泊まったりしなかった(と思う)。 ずっと内緒にしていたんだから、墓場まで持っていくのが マナーじゃないのか・・・。 左脳で考えたら、私は彼にひどい扱いをされてると思う。 私だけじゃない、その彼女に対してもだ。 そんなろくでなしは相手にしないのがスマートな振舞いなんだろう。 「ふざけないで」って言って、終わりにするのが賢い女の取るべき道。 泣きついてきても、冷たく突き放すべきだった。 でも、自己中でろくでなしな彼だけど、いいところもあるから。。。 私って、人の「いいところ」を見ようとするタイプ。 嫌なところには目をつぶってしまう傾向があるみたい。 だから、夫ともやっていけるのかも。 それが自分にとっていいのか悪いのか分からないけど。 相手にとってはラクだろうな。

彼に誘われたら、二つ返事でOKしていた。 「いいよ。いつにしょうか?」 そう返信した後で、あれっ・・・と思った。 自分でオンサイトは無しって決めたのに・・・ 何がしたいのか、どうなりたいのか、もうよくわからない。 迷いもなく、機械的に、私はまた彼に会う。 たぶん、私は彼をもう一度振り向かせたいんじゃないかな。 このまま、彼が一枚上手な状況が悔しいから。 もうダメだってところまで、自分の限界を知るまで、 止められない気がする。 その前に、彼が逃げ出す可能性もあるけれど・・・。

一年前、私の優先順位の第一位はなんだったかな。 それは、きっと夫との関係だ。 なんとかしないと・・・。 そう思って、一人でもがいていた。 あの頃の私は、確実に夫に恋をしていた。 人の気持ちは変わるっていうけど、本当にそれを実感する。 あの頃の私は、もうどこにもいない。 私と夫の間には、やはり決定的な溝ができていて、 今のところそれを埋めることができないでいる。 対岸にいて、離れたままお互いを見ているような感覚。 それ以上、近づけない。 かといって、完全に離れることもできない。。 それなら、溝を埋める努力をしようか・・・。

土曜日、仕事を終えて東京行の「のぞみ」に乗った。 いつもは飛行機を使うのに、今回はなんとなく新幹線にした。 名古屋を過ぎたあたりで、新幹線を選んだ理由がわかった。 飛行機は、乗ったら最後目的地を変えられないけど、 新幹線なら、途中下車して引き返せる。 もちろん、現実には引き返したりなんかしなかったけど・・・ ここしばらく、私は彼と近付き過ぎている。 いつでも電話していいよって言ったのは私だから、 ま、しょうがないんだけど。 彼のことを思い出し過ぎていて、仕事中でも、 ふと気を抜くとため息をついている。 同僚にも「なんか元気ないね。調子悪いの?」 って聞かれてしまった。 こっちまで元気ないなんてどういうことだろうって思う。 私は本来関係ないのになぁ。 大昔の出来事なのに、なんで今だにこんなに痛いんだろう。 はよ、忘れたい。 某友人からは、彼のアドレス一切を消去することを強く勧められた。 電話も全部変えてしまいなさいと。 いざとなったら、実家の番号も会社も知っているんだから、 連絡手段はあるでしょう? ま、そうなんだけれど・・・。 それができてれば、苦労しないよ。 何度もそのチャンスはあったのに、結局できなかったのは、 私の弱さと、ズルさゆえ。 私は、彼と繋がっていたい。 細い糸が切れそうになっても、どんな形でもずっと。 正直に言えば、そういうこと。 でも、もし彼の転勤願が叶って、もっと近くに来てしまったら・・・ それはそれで、よろしくない。 こういう気持ちも未練っていうのかな・・・

↑このページのトップヘ